@hsh Blog

お気楽主婦はるひがつれづれに書く映画レヴューや書評です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
デイトナと仁清と天切り松と。
サイトー@攻殻の腕で光るデイトナ。


 祝、JUGEM復活、ということで、ひさしぶりの更新。

「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」の14話は、サイトーがポーカーをしながら、少佐とのファーストコンタクトかつタイマンスナイピングについて語る話だが、その昔話の中で、サイトーが狙撃のタイミングを計るのに使ったのは、ロレックスのクロノグラフ、デイトナだった。ロレックスに少々詳しい世帯主に云わせると、サイトーのデイトナは2004年の現行モデルで、プレミアがついたアンティークではないとのこと。演出だか原画マンだか誰だかわからないが、自前のデイトナを見ながら作画したのかな。
 デイトナの相場はどのくらいなのかと思い、ちょいと検索してみれば、現行モデルで130万円台。世帯主が指を銜えてほしがっている1960〜1970年代初頭のアンティークが200万円台、超プレミアと云われるポール・ニューマンモデルにいたっては、500万円以上の値がついて取引されている。で、このポール・ニューマンモデル、多くのオークションサイトで出品されているのを見かけるが、いかにも「パチモノ」な値で取引されているものは措くとして、100万そこそこの中途半端な値で出品されているものは、まず「ニセモノ」と疑ってまちがいないようだ。それほど本物は希少らしい。それを聞いたとき、

「それって『開運! なんでも鑑定団』野々村仁清の本物が出てきたためしがないのといっしょかいな」

 と妙な納得をしてしまった。得てしてアンティークの世界というのは、奇々怪々だ。


 野々村仁清で思い出した。
 7/30に浅田次郎原作「天切り松闇がたり」のドラマがオンエアされる。中村勘九郎が原作を読んで泣いて泣いて惚れ込んで、今回のドラマ化にいたったとのことらしい。勘九郎の闇がたりが聞けるとなれば、テレビの前で襟を正し、正座して観ねばならない。また、ドラマのために浅田次郎が話を1本書き下ろしたり、キャストがごっつ豪華だったり、勘九郎のみならず制作スタッフの意気込みをひしと感じるから、よけいに観る方も気合いが入る。
 で、そのドラマで描かれる話は3本。そのうちの1本は、勘九郎演じる、伝説の大泥棒天切り松の子ども時分、天切りの極意を伝術してくれた兄貴分の栄治@椎名桔平の話だ。複雑な生い立ちゆえに「黄不動の栄治」の渾名で呼ばれるまでの夜盗となった栄治が、その出生のいざこざで己の意地を通さんがために、加賀百万石の前田邸から盗んだのが、野々村仁清の雉子香炉だった。――これは原作の1巻に出てくる「百万石の甍」を、そのまま取材した話のようだ。私はシリーズ中、この話が一番好きで、一番泣いた。何度も読んでいるのに、読むたびに泣いてしまう。どれどれ、そんないい話なのかといざ読んでみれば、こりゃ濃密すぎるし息がつまる、と敬遠してしまう人がいるかもしれないが、この話で描かれる「親子の絆」は、じんわりと心の奥に染みいってくる。そして、これだけはゆずれないという意地があり、その意地を貫くためには、どれほどの犠牲と強い意志と、他人への慈愛が必要なのか……とつくづく考えさせられる。
 ドラマを観て、そのせつなさと恰好よさの虜になってしまったら、悪いこたぁ云わねえ。「天切り松闇がたり」【amazon】を買って読んでみなせえ。


 翻って。
 ロレックスの話だが、今までロレックスと聞けば「きんきらきんの金無垢でダイアモンドがきらきらした、センスのない成金趣味のオッサンがとりあえずはめてみている高価な時計」というイメージしかなかったのだが、デイトナやサブマリーナなどといったスポーツタイプのシンプルなデザインを見て、「あ、これなら抵抗ないかも」と偏見が払拭された。私は女にしては、すごく手が大きくごついので、レディスの時計をするとなんだか収まりが悪いというか、時計が貧弱に見えてしまう。あるとき、世帯主が持っている黒いサブマリーナをつけさせてもらったら、ぜんぜん違和感がない。ほしいなあと思ったが、おいそれと買える代物ではないので、世帯主がはめているのを、指を銜えて眺めているだけだ。
 自動巻きの時計のリューズをゆるめて、時刻と日付をあわせ、少し戻してネジを巻く。その感触はなんとも云えず心地よい。それが、名工たちの手による精巧なムーブメントならなおさら、その心地よさは愚鈍な小市民である私にはもったいないんだろうなあ。
 それに、そんな高価な時計をぽやぽやつけて歩いてたら、おこん姐さんに「ゲンノマエ」で掏摸られちまう。まあ、山縣元帥の金マンみたいに、怖気がくるほど価値のあるもんじゃないけどね。
| つれづれよしなしごと。 | 03:38 | comments(22) | trackbacks(2) |
ビバ! 前田建設工業!


 ファンタジー営業部@前田建設工業さんから、特製ケータイストラップを送っていただく。以前、アンケートに答えたときのお礼だという。それも関西弁を駆使して一番キャラが立っているB主任の名刺付き。うわーい、ありがとうございます〜!
 「建設」を私たち素人にもわかりやすく解説してくれるファンタジー営業部さんの試みには、前田建設という会社の懐の深さを大いに感じる。扱っている題材が、「マジンガーZ」の格納庫とか、「銀河鉄道999」の鉄道高架橋とか、古典アニメなのでロートルアニヲタの血が騒ぐったらもう。
 ファンタジー営業部さん、これからもがんばってくだされ。
| つれづれよしなしごと。 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
オトナコドモ帝国の憂鬱。


 大矢博子さん@なまもの!に捧ぐAE86トレノ@頭文字D【なま楽】。藤原とうふ店主文太オヤジと配達中の豆腐付き。ウチの世帯主が、ゲーセンのUFOキャッチャーでゲットしたシロモノ。
 昨日くらいから、カウンタがよく回っているなと思ったら、メガサイトの「なまもの!」さんの「なまもの日記」(隠しページなので、各自探すように)にリンクされているのと、「CASSHERN」関連のキーワードでぐぐった結果ここに辿りついてしまったという、なんともお気の毒な方がかなりいる模様。あと、「個別の十一人」@「S.A.C 2ndGIG」とか。ぐぐって飛んできてみりゃこんなんだからなあ……ほんまスンマソン。
 で、検索結果を遡って「CASSHERN」の感想をUPしているサイトをいくつか巡回してみたら、とある若者の魂の叫びに遭遇して、首根っこ押さえつけられて新造細胞培養液にぶち込まれたような気分を味わった。

人生をよく振り返ったり、哲学的な物が好きだったり、常に自分の存在価値を求めていたり、それから、心優しい人にはお勧めできます。絶対観るべきです。涙が出ます・・・
逆に、自己中心的な人、小説を読むのが嫌いな人、深く物事を考えたことの無い人、粗暴な人、他人のことはどうでもいいって思っている人、感動もなくただ生きている人・・・には絶対お勧めできません。観ないでください。


 なんだか、私って途轍もなく穢れたオトナコドモなんだなあ、でも穢れたオトナコドモでよかったなあと実感した一瞬だった。若いって気の毒だよね。私みたいな穢れたオトナコドモに気の毒がられて可哀想に……。それから、「低予算でがんばってたじゃないか、もっと予算があったらもっといい映画になっていたはず」みたいなことを云ってる人もいたなあ。

 なあ、若いの。映画の出来不出来はゼニカネの問題じゃねえんだ。映画制作のキモは脚本なんだよ。脚本がヘタレだったら必然的に映画自体がヘタレなんだよ。よぅく憶えときな。

 そんなこんなで、何かと萎える今日この頃。
| つれづれよしなしごと。 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
「自己責任」とは法律用語と見つけたり。>他力本願。


 今「自己責任」というキーワードでぐぐると、1,009,000件もヒットする。で、皆「自己責任」についてどんな解釈で持論を展開しているのかといえば……なんだかとんちんかんちん一休さんだ。かくいう私も「自己責任」とは「てめえのケツはてめえで拭く」程度の解釈だったりするので、よけいに「なんだかなあ」の日々である。例のイラクの人質騒動の一件にしても、かかった費用は本人が責任をもって払えばいいと思うし、金で「国民感情」が丸くおさまるのならそれがええんちゃうの、というスタンスだった。
 しかし……実のところ皆が口々に云う「自己責任」という言葉の意味、「ぶっちゃけ【自己責任】てどういう意味よ?」と議論し合っている者たちに確認してみたら、はたしてどんな結果になるのだろうか。

 書評家冬樹蛉さんの間歇日記作家高千穂遥さんのサイト経由で「オロモルフのページ」「ボランティアの覚悟と<自己責任>(解法者)」という掲示板のログを読んで目からウロコが落ちまくった。

 イラクの人質について、最近<自己責任>という用語が氾濫している。この<自己責任>という用語は「政治用語」でも「社会用語」でもない、れっきとした「法律用語」である。(中略)
 <自己責任の原則>は、人は自己の行為についてのみ責任を負担するという原則である。
 この原則が生まれた背景は、中世までは人は家族およびその構成員の行為まで責任を負担することを強要されたが、個人主義の台頭ともに自己の行為に関するものにのみ責任を負担すべきということが確立されたのである。
 そして<自己の行為>とは、<自己に故意・過失>がある行為ということにされた。
 このように<自己責任の原則>とともに<過失責任の原則>が確立した。
 したがって<自己に故意・過失がある行為>については、それを招来した者が全て責任を負担するのである。


 私は法学部で法律を少し齧っていた人間だが、「自己責任」が法律用語だということをすっかり失念していた。まったくもってお恥ずかしい話だ。このログを読んでいくと、喉の奥につかえていた魚の小骨がとれたような心地になる。ご飯丸飲みに匹敵するほどの威力である。この「解法者」と名乗る人物がどのような思想的背景を持っているのかを措き、彼の粘着的と云うか執念というか、きわめて断定的な論旨に抵抗感はあるとしても、傾聴に値すべきものだと思う。
 言葉の意味は刻々として変化していくものだ。たとえば、「パラメータ」という言葉。私は、コンピュータのプログラミングを行う際の引数や、アプリケーションを実行する際に設定する数値や条件のことだと思っていて、使用するにしかるべき場面で頻繁に使用していたが、元々は関数で用いる「助変数」もしくは「媒介変数」を指す言葉である。そして、市場の隙間を調査、分析して商品開発を行い、新たな市場を開拓することを「ニッチ産業」などというが、元来「ニッチ」とは「壁龕(花びんなどを置く壁の凹所)」のことであり、さらには「隙間産業」としての意味を越えて「薄利多売でまとまった数を取引しないとたいした利益は生みにくい」というような意味合いを持ち、あらゆるビジネスの場面で使われた挙げ句こんなとんちんかんなやりとりがネット上で行われたりする。
 言葉の語源に縛られて「意味がちがうじゃないか」と論ったところで詮無きことだが、言葉の語源を知って使うのと知らないで使うのとでは雲泥の差である。気をつけたいものだ。

 で。
 この「〈自己責任〉とは何か」【amazon】ってイケてるのかな? なんだか胡散臭いスメルがするなあ。
| つれづれよしなしごと。 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
女の表皮へ浸食するモード『化粧』について。


 その前に、昨日の邦人拉致についての補足をば。
 自分の立ち位置を明確にせずに、いろいろと云うてしまいちと反省。イラクへの自衛隊派遣は賛成か反対かと問われれば、どちらとも云えない。なぜなら、自衛隊という組織が「人道支援」を行ううえでどれほどのポテンシャルを持っているのかが具体的にわからないから。戦地へ赴く彼らがどれほどの活躍ができるのかがわからなければ、判断がつかない。咄嗟に思い浮かぶことと云えば、陸自には札幌雪祭りの雪像をつくるのが巧い隊員が幾人かいるらしい、程度。情けない。自衛隊が「軍隊」としてどれほどの装備を持っているのかもわからない。わからないというのは、私自身が知ろうとしるアクションを起こしてないというだけのことなので、偉そうなことはまったく云えないよな。


 話を巻き戻す。
 ひさしぶりに化粧品を買いにデパートへ行ってみた。化粧品部門に関しては西日本一の売場面積と売上高を誇るそこは、もう女女女……売るのも女買うのも女、兎にも角にも女である。業界では東の新宿伊勢丹、西のうめだ阪急などと称されるほど双璧をなしていて、互いに競争意欲を煽っているらしい。まるで、ザッハトルテのチョココーティング、皮膚呼吸してんのかとこちとらが心配するほどファンデーションを塗り込み、きらびやかなコスチュームを身にまとったBA(ビューティ・アドバイザー)たちがカウンタへと客を引き込む姿は、吉原の遊女のそれを彷彿とさせる、と表現するのは穿ちすぎか。
 私が主に使っているのは「ジバンシィ」。フランスのクチュールブランドが持つパヒューム部門だ。使いはじめてかれこれ8年あまり経つが、特にずば抜けて良いわけではないが、たいした肌トラブルもないし、強いていえばファンデーションのクォリティは高いと思うので、使いつづけている。
 BAのカウンセリングを受けるのが面倒、ぶっちゃけ云えばウザいので、デパートの店子になっているようなところで化粧品は買わないという人は結構いる。化粧品の出来不出来、使い心地をモニタして意見するいわゆる「クチコミ」する@cosmeというサイトがあって、そのサイトで頻繁に「あそこのBAは、ほんとしつこくてうんざり。新製品は気になるけどBAがウザいからやめている」とクチコミされる代表格が、なにをかいわんや「ジバンシィ」なのである。よくもまあそんなところで買い物しているなと我ながら関心するのだが、要るモノは要る、要らないモノは要らないとはっきり云えると自負しているので、馴染みのBAがねちっこく勧めてきてもきっぱりとことわればいいだけのこと。それに、過剰とも云えるBAの営業トークや世間話を含めたスノッブ感ごと表皮に取り込むことが化粧だと思っているからこそ、あんな女の業のカタマリのようなところで平気な顔をして買い物できるのだ。
 化粧は、表皮に直接装いをほどこす。服飾とはまたちがった変容をまさに肌で実感できる。「今度春の新色が出たからお店に来て!」と、キャバクラ嬢が同伴を求めるように電話がかかってくればしめたもので、「イケメンのメイクアップアーティストがメイクしてくれるの!」などとトークをかぶせられた日にゃ、スノッブさ256倍。来た来た!と笑いすらこみ上げる(この笑いは自嘲に近いかもしれないけれど)。業界人気どったオトコマエが、小指立てんばかりに筆を奮い、ときに指で肌へ直接触れてきたりする。普段ならこんな野郎に触れられるなぞ怖気が走るってなもんだし、向こうだってこんな肌も根性もねじくれた女は願い下げだろうが、さすがにプロだけあって自分では絶対できない仕上がりにしてくれる。そして、「今日はこれとこれとこれを使ってメイクしてあるの」などと云われても自分ではできない化粧のアイテムを購入するのはまったくの無駄なので、自分の技量を鑑みて必要なものだけ購入すると決めた瞬間、スノッブたっぷりのハレの場から日常へと戻るのだ。

 まったくの余談だが。今期「ジバンシィ」のイメージキャラとして女優のリブ・タイラーが起用されている。会計を待っている間、ボディケアラインの広告ポスターをなにげに見たら、そこでクールな笑みをみせているのはリブではなかった。「これはひょっとして最近太ってきた彼女をクビにしたのか?!」と失礼なことを連想する。先だってのアカデミー賞授賞式でのリブは、ジバンシィの黒のイブニングをお召しになっていたが、「あんたそれは女優生命の危機だろうが。それとも路線変更でもするのか」とツッコミどころ満載なスタイルだった。きっと、クチュールジバンシィのデザイナーであるカール・ラガーフェルドに「あんた何なのこのカラダは! このデブ!」と罵られながら仮縫いをしていたにちがいない。概してオネエはデブな女には容赦がない。
----------
 とここまで書いてみてジバンシィのデザイナーはラガーフェルドじゃなかったかもと思い直して調べてみたら、ジュリアン・マクドナルドだった。申し訳ない。というか、ジュリアン・マクドナルドって誰?
 そう云えば、「化粧師」は観たいと思っていたので、DVDを借りてみよう。
| つれづれよしなしごと。 | 01:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+RECOMMEND
<NEW BEST ONE>タイムボカン・シングル・コレクション′75〜′92
タイムボカン・シングル・コレクション′75〜′92 (JUGEMレビュー »)
TVサントラ, 山本正之, サカモト児童合唱団, ロイヤルナイツ, 少年少女合唱団みずうみ, 小原乃梨子, 八奈見乗児, たてかべ和也, スクールメイツ・ブラザーズ
山本正之節炸裂の名曲ばかり。聴けばついつい口ずさんでしまうのだ(笑)。
+RECOMMEND
新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~
新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~ (JUGEMレビュー »)

これは観出したら最後まで観てしまうほどおもしろいです。「ガンダムSEED」の福田監督節が炸裂してます。
+ NEW ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ MyblogList
+ TrackbackPeople
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ