@hsh Blog

お気楽主婦はるひがつれづれに書く映画レヴューや書評です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビバ!ゴーゴー夕張!!



 先程ようやく「キル・ビル Vol.1」【amazon】を観た。
 ……ゴーゴー夕張すげえ、すげえや。ほんま、牧野修の小説に出てくるキャラそのものだ(マキノさんご本人もそうおっしゃっている)。タランティーノってもしかしてマキノさんのこと好き?好きなのか? とあらぬ方向に思考がもたげてしまうほどとんでもないキャラ造形だ。キャラだけではない、ストーリーもぶっ飛んでてどこからツッコんだものか、いや純粋に楽しむべきだろう、この手の映画は、と何度も思い直した。いやいや、すごい。
 まともな感想文を書く気を殺がれることおびただしい映画とは、まさにこの映画である。


 JUGEMでブログをはじめてから4ヶ月が経とうとしている。真面目に更新をしていないので、エントリ数と質はショボイものだが、それなりにつづけていると、テンプレートの模様替えをしたくなってくる。
 幸い、JUGEMはセンスの良いテンプレートが多いので(JUGEMを選んだのはこの点が大きい)、気軽に替えられる。今のデザインは「pict」のヘッダ画像を自分で撮った綾波の写真に置き換えただけのもの。自分でCSSをいじってつくったものではない。だが、綾波の写真自体はすごく気に入っているし、アイキャッチとしても有効だと思うので、心底これに飽きるまでいじらないでおくか、と思ったりもする。

 けれど、「TEMPLATER 同盟」にアップされているテンプレート群を見てしまったら、模様替えしたい病がうずいてしまう。とくに、MKDNさんの「艶足」は和のテイストが品良くまとまっていてすばらしい。ああ、替えたいな。どないしょうかなあ。
 あと、期間限定の映画テンプレートもおもしろい。興味のある映画のものだったら(「LOVERS」とか)、ちょっと使ってみようかなという気にさせる。


 JUGEMについて今のところ不満なのは、絵文字。管理画面でエントリを編集するたびにDLするので、時間がかかってしょうがない。ぶっちゃけ鬱陶しい。とくに激重の深夜時間帯だと最悪である。絵文字ってみんな使ってるのか? 携帯じゃあるまいし。少なくとも私は要らない、必要ないよ。
| つれづれ映画鑑み。 | 18:15 | comments(78) | trackbacks(2) |
「どこで生きようがこの世は囹圄。生まれながらに捕らわれの身だからこそ、この世の中をきれいにしたい。」



 「わたしのグランパ」【amazon】


珠子が「囹圄」という文字を見たのは八歳の時で、その時はまだ祖母が家にいた。
「父は囹圄の人であり」という文章は父の日記の中にあった。


 筒井康隆の原作【amazon】は、この一文からはじまる。「囹圄」(れいぎょ、もしくはれいご)とは、「ひとや。罪人を入れておく場所。牢獄。」……つまり、祖父である謙三(通称ゴダケン)は刑務所に服役していて、まだ見ぬムショ帰りの祖父とは、いったいどんな人なんだろうか、と気もそぞろな珠子。ジュブナイル小説ともいうべき筒井康隆の簡潔でいて饒舌な文体は、ゴダケンと珠子の間に生まれる友情にも似た愛情を感じさせながら、するすると読み進んでしまえる。
 しかし、映画は過去に思いを馳せる珠子のモノローグではじまっている。ムショ帰りの祖父、グランパはすでに過去の人なのだ。

 「鉄道員(ぽっぽや)」【amazon】が、高倉健のための映画であるように、この「わたしのグランパ」は、菅原文太のための映画である。「仁義なき戦い」等のヤクザ映画で一世を風靡した菅原文太が、ムショ帰りだといえ孫から「グランパ」と呼ばれるような役を演じるとは。「千と千尋の神隠し」【amazon】での釜爺もジジイだが、声はたしかに文太兄ィながらも、姿形は釜爺だから、それに人間じゃないし……ま、結局ジジイを演じていることには変わりないか。
 しかし、映画を観るうちに、そんな杞憂は吹き飛んだ。「俺の親友の飛鳥を殺したのはキサマか!」@快傑ズバット(このDVDBOX欲しいなあ)を彷彿させるような、立ち退きのいざこざで親友を殺しやがったヤクザの組事務所にひとりでカチコミかけるゴダケングランパは、震えがくるほどに菅原文太兄ィだった。まだまだ現役だ、文句なしに恰好いい。
 こんな姿を見ると、「天切り松闇がたり」【amazon】の仕立て屋銀次は、文太兄ィに演ってほしいなあ、としみじみ思う。いっそのこと映画化しませんか、天切り松を。もちろん、松は中村勘九郎、あとのキャストは要相談。どこかの映画会社の方、よろしくお願いしますよ。

 ゴダケングランパは、珠子にちょっかいかける中学生のガキどもに拳骨くれて説教したり、昔カチコミかけたヤクザたちと睨みあったりするコワいだけの男ではない。仲間うちで開いたニューイヤーパーティでは、スタンダードジャズ「Hush-A-Bye」を見事に歌い上げる。きっと、文太兄ィスキスキーな映画スタッフたちは、ピアノの伴奏とともに響く渋く歌声に、セットの影で噎び泣いていたのだろう。それくらい恰好いい。
 もうひとつの見どころは、亡き親友の息子でジャズバーの店長兼バーテンダー慎一役の浅野忠信と、文太兄ィの共演である。ゴダケンを全幅の信頼をおいている慎一の言動やちょっとした目線が、かなり萌え度高し。ライフルの名手というところがさらに萌え度アップである。

 正直なところ、他愛のない映画なので、文太兄ィ萌えがなければ、退屈かもしれない。あ、最後になったが、ヒロイン珠子役は、「てるてる家族」の石原さとみだ。「おまえの爺ちゃんムショ帰り〜」とばかりに、いじめを仕掛けてくる同級生にブチ切れて凄むシーンは、「あのゴダケンの孫」という感じがよく出ていてよかったのではないかと思う。

 まあとにかく、文太兄ィありきの映画ですから、ここはひとつ。
| つれづれ映画鑑み。 | 17:26 | comments(52) | trackbacks(0) |
「甘いモノだけでお腹をいっぱいにしていたいの。」<桃子@下妻物語の美学。



「下妻物語」2004年/東宝配給

 「下妻物語」を観てから早2週間が経ってしまった。カンヌのマーケット試写会での評判は上々で、世界何ヶ国だかの配給先が決定したり土屋アンナが出来婚でヤンママになる予定だとか、ミニシアター向けの映画にしては話題に事欠かなくなっているようで、ネット世間での下妻はどんな評価を受けているのだろうかと映画感想系ブログをいくつか巡ってみれば、なかなか評判がよさそうだ。たしかに理屈抜きでおもしろい。

 この映画は、茨城県(いばらぎではなく、いばらと正しく発音しよう)の下妻という町で濃ゆいキャラたちが繰り広げる、エンターテインメントムービーである。下妻がどれほどの「イナカ」なのかといえば、主人公の桃子が「ロリヰタのお洋服を買うために、代官山まで片道2時間半かけて通う」ことで簡潔に体現している。下妻市は学園都市のあるつくば市の北西に位置するらしいが、地理的に縁遠い私としてはそのイカナぶりがリアルには感じられない。もっとも、この映画で描かれる「イナカ」が、「東寺の五重塔がTDLのシンデレラ城のようにどこからでも見えて、そこかしこにだらりの帯の舞妓さんが歩いている、リアルではありえない京都」みたいなものだということは承知している。
 しかし、桃子が幼少時をすごした「ジャージの国尼崎」となると話は別だ。兵庫県であるにもかかわらず、市外局番が「06」地域である尼崎。神戸や西宮、宝塚といったおハイソなイメージを打ち出したい兵庫県としては、「尼崎はウチじゃないから。大阪だから」とできれば尼崎を抹殺したいにちがいない。そのつれない態度は、まるで薄目を開けたまま俗世を見て見ぬふりをし、釈迦が死んで56億7千万年経ったころようやく重い腰をあげる(かもしれない)弥勒菩薩のようだ。「出身は尼崎です」と云おうものなら「ああ、アマね」と少し侮蔑めいた略称で呼ばれてしまう、それが尼崎なのだ。
 もちろん、この映画で語られる「生まれたときからジャージを着、最期までジャージを着たまま死ぬ、アマの人々」は 誇張をきわめたフィクションなのだけれど、阪神電車の「出屋敷」から「尼崎プール前」のエリアでは、かなり近い雰囲気を醸し出しているかもしれないし、宮迫演じる桃子の父がバッタもんのヴェ○サーチを売っていたのは、出屋敷・三和・中央という商店街ビッグスリーあたりだったらありえるかもしれないと思ってしまうほどには、「ジャージの国」をリアルに感じてしまう大阪人な私なのだった。ついでに宮迫の「しゃーから」(「だから」の超ネイティブ関西弁)に、ハゲシク反応してしまうほどに哀しき大阪人でもある。

 で、桃子父が売っていたWネームのヴェ○サーチだが、明らかにニセモノなので「バッタもん」というよりはニセモノという意味が強い「パチもん」と表現した方が正しい気がする。「バッタもん」とは元来正規の仕入れルートを通さずに現金で商売する「バッタ屋」の商品を指す。まるでバッタのように商品が飛び跳ね、消えてゆくことに由来するとか。
 対して「パチもん」は、もともと「八分の力でつくられた普及品」という意味であるらしい。本物そっくりの精巧なニセモノではなく、一目でニセモノとわかる八分の力でつくられた粗悪品。こんないかにもニセモンですてわかるもん何で売ってるって?しゃーから安いねんて皆まで云うなて、というヌルく小ずるく商われるものがパチもんなのである。
 どちらにしても、「これ安っいわー!」とワゴンに群がるオバチャンたちの有りよう自体が胡散臭さ爆裂なことには変わりない。

 監督と脚本の中島哲也は、山崎努×豊川悦司の卓球バトル@サッポロ黒ラベルやSMAPが「ガッチャマン」に扮した「NTT東日本」のCM、シリーズ中一番ハジケていたと評判の高い「私立探偵 濱マイク9 ミスター・ニッポン~21世紀の男」【amazon】などといった、インパクトが強くて少々毒性のある映像をつくる人物だが、下妻市民の生死を握る「ジャスコ」や、ロリヰタ桃子が愛してやまない「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」、アマのオバチャンのみならずイチゴすらも驚喜させたパチもんヴェ○サーチなどなど、実在するブランドイメージを損なうことなく茶化して使うのがとても巧い(パチもんヴェルサーチはイメージを損なう損なわない以前の問題ですかそうですか)。
 しかしまあ、BABYの社長はほんまにあんなイタい人なんやろかと、岡田義徳のハイテンションの演技から勘違いされても、何ら無問題なのだろうな。むしろBABYの世界観をみんなに知ってもらえる良い機会だとか思ってそうだ。

 物語のキーともなっている「妃魅姑伝説」であるが、裏をとろうと思ったらとれるやんと容易にツッコミを入れるのは無粋というもので、都市伝説がどんな具合に成立していくのかとして見ると非常に興味深いのかも。暴走族という系統だった組織と独特の様式美をもつコミュニティならではの伝説だ。そして、そんなトンデモ伝説を巧いこと収斂させて痛快で感動のラストへもっていく監督の手腕には恐れ入った。桃子もイチゴも格好いいんだこれが。
 深田恭子は、ユンソナと共演した「ファイティングガール」【amazon】でヤンキーとまではいかないが、なかなか凄みのある演技をみせていた。なにかと「イタい不思議ちゃん」としての言動をマスコミに取材されることの多い彼女だが、あの目力は相当モノをいう。女優の大看板背負っていくには強い武器だろう。少なくとも私は大好きだ。対する土屋アンナだが、登場シーンでの唾の吐き方がヤンキーそのもので、演技なのか素なのかわからないところがいい。モデル出身らしいカメラ映りの良さもステキだった。見事なキャスティングだと思う。

 とにかく、最初から最後までダレることなく笑って泣いて多幸感あふれる映画である。映画に花を添えた菅野よう子の音楽【amazon】Tommy heavenly6が唄う主題歌「Hey my friend」【amazon】も単独で聴きたくなるくらい良い。そうそう、ラストを飾ったサディスティックミカバンドの名曲「タイムマシンにお願い」も忘れちゃいかん。
 非の打ちどころがないなんて云いすぎだけど、観て損はないよお客さん! 見た目ほど甘くない桃子のハードボイルドな生き方と「オンナノコ」ゆえの孤独、見た目ほど強くないイチゴのかわいらしさと純情ぶり……まだ観てない紳士淑女はぜひ観てあげてほしい。

 ああ、いつか牛久大仏を見ることがあったなら、おもわず号泣してしまいそうだ。>んなアホな。
| つれづれ映画鑑み。 | 23:52 | comments(4) | trackbacks(9) |
「いかレスラー」てあんた!>脱力。



 そろそろ更新せんとヤバいかも、と思いつつ、集中力がなくてまとまったテキストが書けない、テキスト的虚弱体質になっている私。「下妻物語」「TROY」も観たし、通天閣のお膝元@新世界にある紳士の社交場然とした映画館で「マスターアンドコマンダー」【amazon】を観たときの、映画って娯楽なんだなあと実感したことなども書きたいんだが。
 ついでに、ここんとこ「個別の十一人」で検索かけてウチに辿りついている方々が結構いらっしゃるようなので、「S.A.C 2ndGIG」についてもちゃんと書いておかないとあかんかなあ、とか。
 今週末は「ハリポタ・アズカバンの囚人」が公開だし、「海猿」「カレンダー・ガールズ」も観たいしね。ああ、忙し忙し。


 で、とりあえず。
 「いかレスラー」とかいう、イカにも脱力系な映画が公開されるらしい。監督が河崎実……ってこの人、ものごっつしょーもない映画ばっかり撮ってる人やん。そして監修が実相寺昭雄……えー?! 実相寺昭雄ー!! これは見るしかないわな。しかし、「えびボクサー」があるのなら「いかレスラー」もありだろ、とイカにも安直な発想が透けて見えて、脱力感256倍。
 で。
 このいかレスラー、予告を見る限りではヒールみたいなんだが。そんでもって、「たこレスラー」や「しゃこボクサー」も出てくるらしい。……実相寺昭雄と卓袱台を挟んで日本映画のこれからについてイロイロと聞かせていただきたくなる。ちゅーか、「あんた何考えてんねん」と小一時間(略)。そんでもって、前売り買うと「扇ぐといか臭い(様な気がする)ウチワ」がついてくるんだと。>結構好きだけど、こういうの。
 
 とにかく! テーマソングのサビ、いかいかいかいかいかレスラーイカしてるいかレスラー♪が耳について離れてくれないので、何とかしてよ実相寺!!
| つれづれ映画鑑み。 | 03:33 | comments(3) | trackbacks(9) |
荒縄緊縛責め地獄……でもエッチビデオじゃないのよこれが。


「D坂の殺人事件」 1998年劇場公開/製作:東映・東北新社 配給:東京テアトル/90分


 立教大学が所有・管理している旧乱歩邸およびその蔵書を一般公開する「旧乱歩邸・土蔵〜幻影城〜公開」が8月に開催されるらしい。
 乱歩の小説というと、屋根裏を徘徊する男や、椅子の中に入って腰掛ける麗婦人の尻の重みに恍惚となる男や、四肢を亡くしてただ床に横たわり妻に嬲られることに快感をおぼえる男とか、左の腕に蜥蜴の入れ墨をもつ女と探偵の男の化かし合いだとか……「きれいはきたない、きたないはきれい」を旧仮名遣いの硬質かつ流麗な文体でもって表現された傑作が多い。今一歩踏み込み方、料理の仕方をまちがうと「タダの変態じゃん!」と諧謔趣味を介さぬ輩に一蹴されてしまうのだが、さすがは江戸川乱歩、匙加減が絶妙である。

 で。
 乱歩の「D坂の殺人事件」「心理試験」という二作の短編を併せてひとつの映画にまとめ上げたのが、特撮界の巨匠、実相寺昭雄だ。実相寺といえば、「ウルトラセブン」第八話「狙われた街」【amazon】での四畳半に住むメトロン星人が印象深い。卓袱台を挟んでシニカルな会話をするダンとメトロン星人のシーンは、スタイリッシュかつ奇抜なアイデアに満ちていた。
 実相寺による乱歩作品の映画化は、「屋根裏の散歩者」「押繪と旅する男」につぐ三作目だということで、乱歩と実相寺、ふたりの異才がタッグを組むとどんな相乗効果を生むのだろうかと期待しながら、当時梅田の某映画館まで足を運んだ。すると、マイナー映画ばかりを興行する狭い映画館に詰めかけていたのは、いたって眼鏡占有率の高い、そのスジとおぼしき殿方ばかりだった。「攻殻機動隊」【amazon】の米国ビルボード一位凱旋上映とまちがえて入ってしまったのかと勘違いするほど、ギャップのある客層。さもありなん。この映画の脚本をてがけたのが「新世紀エヴァンゲリオン」【amazon】薩川昭夫だったからだ。
 こうして、いろいろな意味でマニアックな匂い漂う映画をスクリーンで観た。……ごっつおもしろかった。90分という決して長くはない時間を巧みに使い、一部の隙なくつくり込んであり、おそろしく密度の濃い作品に仕上がっていた。正直舌を巻いた。「実相寺って、やっぱすげえ!」と。
 しかし、この映画はDVD化されていないのだ。「双生児」【amazon】がDVD化されているのなら、「D坂」もやってくれよと地団駄を踏んでしまう私だ。


 ときは昭和二年の東京市本郷区団子坂界隈は、なにげない日常を営みながらも、その実淫靡で猥雑な人間関係がくんずほぐれつ、互いの心も躰も荒縄で縛り合うのを良しとしていた。古本屋である粋古洞の使用人が、緊縛プレイマニアだったことから、その女主人かつ未亡人である須永時子@吉行由実が毒牙にかかったのを皮切りに、蕎麦屋の女将、カフェーの女給@大家由祐子らがその技の虜となっていて、乱交に明け暮れていた。
 ピンク映画で自らもメガフォンをとる吉行由実の緊縛姿はとんでもなくエロティックだった。どう見せればイヤラシクなるかを徹底的に理論立てて演じている、まさしくピンク映画の鬼。AVにありがちな、事後の残滓を拭う安物のティッシュのごとく薄っぺらいイヤラシサではない。「濃ゆい」のだ。
 そんなふしだらな未亡人の時子は、古本屋のほかにもうひとつの顔を持っていた。春画、特に「責め絵」と呼ばれるレア絵画の闇取引業者である。とある取引の席上で、好事家のひとりから大江春泥の「不知火」を手に入れてくれとの依頼を受ける。大江春泥は、幻の責め絵師と云われていて、彼の作品はなかなか世に出てこないレア中のレアモノなのだ。しかし、金子をいくらでも積むだろう助平な上客を逃す手もない。考えあぐねた時子は、「不知火」の贋作を蕗屋清一郎@真田広之という絵師に依頼する。この蕗屋は贋作づくりの天才として、裏の世界では名の通っている男だった。

 真田広之演じる贋作師蕗屋は、自分の技倆に絶対の自信をもっているうえに、おそろしくナルシストでパラノイアなのだが、真田広之は見事にナルシーでパラノでアーティスティックなボクを演じている。よもや彼がJACのアクションスターでサニー千葉のお稚児……ごほごほ秘蔵っ子だったなどとはとても思えないほど、妙ちきりんな役柄を熱く演じる姿にはほとほと感服する。「役者バカ一代」……「麻雀放浪記」【amazon】以降の彼の仕事ぶりはこう表現しても過言ではない。
 そんなナルシーでパラノでアーティスティックな贋作師は、とんでも気質がいきおいあまったあげく殺人を犯してしまうのだが、その動機がまたふるっていて、目からウロコが剥がれ落ちるほどあっぱれなプロットだと、脚本を書いた薩川昭夫を見直した。
 そして、思いのほか難事件となり、現状打破に窮した予審判事の笠森@岸部一徳は、朋友である明智小五郎@嶋田久作に助けを求めることになる。嶋田久作と実相寺は「帝都物語」【amazon】以来、ウマがあったのかどうなのか、実相寺@乱歩映画の明智小五郎は必ず彼が演じている。鄙びた下宿屋で書物の山に囲まれて鬱々としている嶋田小五郎は、刀をのんだ人斬り以蔵のような凄みがあり、今までにない明智小五郎像だなと感心した。クライマックスで蕗屋と明智が真っ向から対決する心理試験のシーンは、スクリーンを通して観ているこちらまでピリピリとした緊迫感にが伝わってきて、圧巻であった。

 他の見どころはというと、団子坂界隈界隈の街並みを大仰なセットを組むのではなく、ペーパークラフトで表現しているところだろうか。少ない予算の中、いかに効果的に登場人物たちが暮らす街をつくり上げるか……特撮で技倆を磨いてきた実相寺ならではの発想だ。そのチープさが、所詮矮小で俗悪な人物たちが引き起こしたおろかな出来事なんだよ、という皮肉なメッセージをより強調している。そして、劇中に流れるオンド・マルトノの音色が人のおろかさ、もの悲しさを引き立てている。


 内容がちょっとどころか、かなり刺激的なえっち描写満載なので、地上波で放映されることはないだろうし、BSでもどうだかなあという塩梅なうえに、レンタルでもなかなか置いてなさそうなのが難点だが、もしレンタルショップの棚で緊縛写真入りのパッケージを見かけたら、

「これAVじゃないから! こんなパッケージだけどえっちビデオじゃないから! 乱歩だから!! ボ、ボ、ボクらは少年探偵団♪ 勇気凛々ルリの色〜って、浅田次郎もエッセイ集のタイトルに使ってるくらいだから、あーでも浅田次郎みたいな調子こきオヤジじゃ説得力ないかー! あちゃー」

 などと、黙々と自分の仕事をこなすおねえちゃんに、心の中で云いわけしながら借りてみるのもいいかも、と大いに思う私である。
| つれづれ映画鑑み。 | 02:44 | comments(16) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+RECOMMEND
<NEW BEST ONE>タイムボカン・シングル・コレクション′75〜′92
タイムボカン・シングル・コレクション′75〜′92 (JUGEMレビュー »)
TVサントラ, 山本正之, サカモト児童合唱団, ロイヤルナイツ, 少年少女合唱団みずうみ, 小原乃梨子, 八奈見乗児, たてかべ和也, スクールメイツ・ブラザーズ
山本正之節炸裂の名曲ばかり。聴けばついつい口ずさんでしまうのだ(笑)。
+RECOMMEND
新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~
新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~ (JUGEMレビュー »)

これは観出したら最後まで観てしまうほどおもしろいです。「ガンダムSEED」の福田監督節が炸裂してます。
+ NEW ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ MyblogList
+ TrackbackPeople
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ